NAS芹沢日和

アクセスカウンタ

zoom RSS SONYのBRAVIA「KJ-32W730E」 現在時刻が遅れる不具合は直らず

<<   作成日時 : 2017/12/06 11:11   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

SONYのBRAVIA「KJ-32W730E」のアップデート結果だゾウ。

外付けUSB HDDが認識しなくなる不具合は起こらなくなりました。

しかし、テレビの時刻が勝手にずれて、予約録画が失敗するという現象は、まだ起こっています。
一番組まるまる録画失敗ということはなくなり、最初の5〜10分だけ録画に失敗するという現象が、7、8回に1回起こっています。
調べてみると、テレビの時計がだいたい1.5〜4時間くらい遅れています。
例えば19時に予約録画を入れておいたら時計が17時に、16時に予約録画を入れておいたら時計が13時半に、勝手になったりします。

以前の記事で報告した通り、「番組表」の画面で「オプション」→「番組データ取得」を何回か行えば時計の時刻が正しく直ります。
で、この「何回か」というところがポイントだと推測しています。

実家のKJ-32W730Eでは、3、4回やらないと時刻が直りません。
3回やっても直らないときがあります。

もし、SONYさんがこの不具合を修正するために、「番組表」の画面で「オプション」→「番組データ取得」の操作に相当する動作を内部で自動実行しているのであれば、1回ではなく4回以上実行してほしいです。

念のため以前の記事で報告した実家の環境を下記に再掲しておきます。
また、参考になるかもしれないのでネット環境についても追記します。

----
実家はCATV(baycom)に入っており、セットトップボックスはPioneer BD-V370。
BRAVIAは入力の種類として「テレビ」モードは一切使っていない。
入力は「HDMI1」にセットトップボックスをつないで、24時間「HDMI1」を入力として使っている。
つまり、普段は「HDMI1」しか使わず(単なるディスプレイ代わり)、録画するときのみテレビ機能を使っている。

時刻のずれはだいたい1時間半から4時間くらい「遅れる」。
必ず時刻が遅れてしまう。
起こる頻度は2日に1回くらい。
番組表画面を見て遅れていることに気づいたとき、「オプション」→「番組データ取得」の操作を3、4回実行したら時刻が直る。
(もちろん直した後はCATVを見るためにモードを「HDMI1」に戻す)

CATVのセットトップボックスは毎日寝る前に電源を落とし、翌朝起きたら電源を入れる。
BRAVIAは、メイン電源を落とすことはない。HDD省電力機能はオン。
(が、たまに外付けHDDの録画番組をいじっていると、BRAVIA自体が勝手に落ちて再起動することがある)

無線LAN接続している。
インターネット環境はCATV(Baycom)提供もので、自前で買った無線LANルータを使っている。
実家の節電のため、毎日夜22時から朝6時までは無線LANルータの節電機能でネット接続をオフにしている。

----

あー早く直ってほしい。
今年中に直らなかった場合は、もう少し詳しくデータを取ってBaycomとSONYさんに問い合わせることにします。



4本の足で関西のパン屋さんを歩き回り、400店以上紹介している「パンだゾウ。」
PalmOS/webOS搭載PDA/スマートフォンに関する情報サイト「大阪Palm III」
というWebサイトを運営しています。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
SONYのBRAVIA「KJ-32W730E」 現在時刻が遅れる不具合は直らず NAS芹沢日和/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる